MARUTOMO 

最新情報

  • 消費税に関する基本的な資料

    消費税の概要項目制度の概要国内取引輸入取引課税対象国内において事業者が行う資産の譲渡等輸入貨物納税義務者事業者輸入者課税標準課税資産の譲渡等の対価の額輸入の際の引取価格税率6.3%(地方消費税と合わせて8%)【令和元年10月1日以後】7.8%(地方消費税と合わせて10%)※ 酒類・外食を除く飲食料品及び定期購読契約が締..

    2019-09-01 webmaster 12

  • 仕入れ力、販売力で不動産業界に旋風

    ■相続税改正により過熱する「相続税対策」平成27年1月に相続税改正が施行され、相続税への対策が必要とされています。平成26年末までは『5000 万円+ 1000 万円×法定相続人』だった基礎控除が、改正以降『3000 万円+ 600 万円× 法定相続人』に変更になりました。これによって、法定相続人が1人の場合、基礎控除..

    2019-09-01 丸友 57

  • 首都圏不動産「バブルの正体」が分かった

    首都圏を中心に不動産価格が高騰している。一部からは、すでにバブル状態となっており、オリンピック特需の消滅をきっかけに、暴落する可能性があるとの指摘も出ている。都内の不動産価格が高騰しているのは事実だが、局所的な価格動向だけを見てバブルかどうかを判断するのは拙速である。不動産市場について俯瞰的に眺めた場合、楽観視はできな..

    2019-09-01 3c 296

  • 消費税がかかる不動産と消費税がかからない不動産の違い

    消費税がかかる不動産と消費税がかからない不動産の違いこちらの記事は、『宅地建物取引士の資格を持っている税理士』グラビス税理士法人の福本拓矢税理士の監修を受けた記事です。不動産を売買するとき、消費税がかかる場合とかからない場合があることをご存知でしょうか。どのような不動産の場合に消費税はかかり、どのような場合にかからない..

    2019-08-15 webmaster 9

  • 民泊新法が6月15日施行へ 民泊を始める人が注意したい3つのポイント

    2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えて、日本を訪れる外国人の数は今後ますます増えていくことが予想される。しかし、宿泊施設の不足が懸念されている。そこで、一般の住宅の空き家、空き室を宿泊施設として利用できる「民泊」が法的に認められることになった。今後、この民泊を始めたい人は、どのような点に注意すればいいのだ..

    2018-08-21 webmaster 187

  • 日経平均は軟調もみあい、不動産株が買われる

    日経平均は軟調もみあい。2万4050円付近で推移している。日銀の緩和継続期待 などを背景に不動産株が買われている。ハイテク株は軟調。市場では「円高は重しだが、 ドル建て日経平均のパフォーマンスは今のところ良好だ。米国株が堅調であれば、海外勢 からの売りは出にくい」(国内証券)との声が出ている。 <09:08> 寄り付き..

    2018-01-26 3c 41

  • 平成29年度賃貸不動産経営管理士試験の結果概要を発表

    賃貸不動産経営管理士協議会(本部:東京都千代田区)は、平成29年度賃貸不動産経営管理士試験(平成29年11月19日実施)の結果概要を発表した。本年度の試験結果を受け賃貸不動産経営管理士の累計合格者数は、前年比8,000名増の約52,000名となった。受験者は16,624名、合否基準は出題40問中27問以上(4問免除者は..

    2018-01-26 3c 103